読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道端工房 手作業綴り

日々の手作業と奈良の風景をつづっていきます。時々南紀の話題も(^^)

御朱印帳入れ 猫ちゃんシリーズ新作続き

ベージュの方も出来上がりました。
やさしいやさしい色合いです。

f:id:michibatakoubou:20170325174712j:plain

 

自分の趣味もあり、猫ちゃんづくしということで内布も猫ちゃんをあしらいました。
薔薇の花の中に猫ちゃんのシルエットがちりばめられています。
もったいなくてなかなか使えなかった生地ですが、今回の猫ちゃんと組み合わせてみようと思い立ち使ってみました。

f:id:michibatakoubou:20170325174654j:plain

 

この和柄猫ちゃんの生地は、手持ちがかなり少なく数個仕上げて終了となります。
今後も続けていきたいシリーズなので、がんばって生地を手に入れようと思います。

御朱印帳入れ 猫ちゃんシリーズ新作

ずいぶん久しぶりの新作です。
素材ばかり集めていてなかなか製作まで手が回らないというトンチンカンな状況に陥っていましたが、久しぶりに猛烈にミシンに向かっています。

まず手始めに、やっぱり猫ですね( *´艸`)
1冊用を作って先ほどminneにアップしました。このあと色違いも作る予定です。

f:id:michibatakoubou:20170325132547j:plain

紀州の柑橘類_春峰

季節行事

春峰”しゅんぽう”

濃厚でいてさっぱり感のある甘さがあります。
清見と水晶文旦を交配したものだそうです。
皮は手で簡単に剥け、中の袋も薄いのでそのまま食べられます。
大きさは小ぶりなハッサクサイズ。

f:id:michibatakoubou:20170322193443j:plain

 

紀州は年中何かしら柑橘類が手に入ります。
ちょうど今頃は・・・

・ハッサク
・不知火
三宝
・ポンカン
・せとか
etc・・・

産直市場を覗いて見ると、何故か ”せとか” ばっかり( ゚Д゚)
温州ミカンの人気が下降気味なので、他の樹を植える生産者が多く、こぞって ”せとか” を植えたのだと思います。いいお値段だものねぇ。
スーパーで目にするせとかは、リンゴの様にふわふわネットにくるまれて売られていますが、お値段は1個あたり250円はします。あーっびっくりした( ゚Д゚)

ちなみに一般に売られているせとかはちょっと大きめで、実際に樹になっているものを収穫するのに結構大変です。
枝が太く、小さなみかん用の鋏では苦労します。
しかもトゲがある(@_@)

こちらは、左:はるか 右:せとか

f:id:michibatakoubou:20170219164042j:plain

紀州の柑橘類_春光柑

季節行事

おそらく現物を手に取られた方は少ないのではないでしょうか。
春光柑と書いて”しゅんこうかん”と読みます。
小ぶりなハッサクといった感じの柑橘類です。
昔はあちこちで栽培されていたそうですが、現在ははぼ市場に出回りません。
酸味をほとんど感じないのでその分甘みが引き立ちます。
問題は、種が多いことでしょうか。
気に入ってしまったので、実家の畑に苗木を植えることにしました( *´艸`)
早速通販で購入ww

f:id:michibatakoubou:20170322193447j:plain

早春の柑橘類_はるかとせとか

一見肥大化したレモンの様ですが・・・。

f:id:michibatakoubou:20170219164029j:plain

日向夏と温州の掛け合わせだそうです。
中身もレモンイエローでとても酸っぱそうな色合いですが、まるで酸味がありません。
たとえて言うなら、グレープフルーツから酸味を取ったような上品な甘さです。
とても気に入りました( *´艸`) また買ってきます。
断面の画像は食べてしまったのでありません、スミマセン・・・

f:id:michibatakoubou:20170219164036j:plain

 

 

もう一つご紹介のみかん

はるかの横にせとかを置いてみました。
せとかはハッサクくらいの大きさで、ずっしりとした重みがあります。

f:id:michibatakoubou:20170219164042j:plain

 

せとかの外皮はとても薄く、ご覧の通りです。
味は、みかんの大トロとか呼ばれているだけあり、ジューシーですごく甘みが濃いです。
ただ、一人で1個食べると途中でおなかいっぱいになります。
こちらのみかんは実家の庭に植えているものをもいできました。

f:id:michibatakoubou:20170219164046j:plain

 

いずれの柑橘類も今がシーズン真っ只中、デパートや少し大きめのスーパーに行けば売られているかと思います。一般的なスーパーではいまだお目にかかったことはありません。

せとかは実家からもらいましたが、はるかについては、最近出来たこちらの秋篠店で購入しました。

産直市場よってって | 新鮮・安心・安価な地場産品をお届けいたします。

 

柑橘類については、また季節ごとにアップしていきたいと思います。

春節と中国人留学生

ふとテレビから流れてきた単語に目をやった。

春節

横浜中華街の獅子舞の映像が流れ、たくさんの赤い提灯で彩られた光景。
何年か前に春節の時期に横浜中華街に遊びに行ったなぁ・・・。

以前の職場では中国人留学生を積極的に採用していたので、春節の時期はかなりヤバい状況だった。

※資格外活動許可証が必要、1週間28時間以内 の制約あり

それは、「春節には中国に帰る」一部を除き、本当に一斉に帰国してしまい、かなり人手不足に陥る。
生菓子の工場だったがために、バレンタインデーなどは本当に忙しい。
春節の辺りの1月後半から2月前半はちょうどバレンタイン商品の仕込み時期に当たっているので、すごく困った。
彼女らの新年は旧暦のため、日本の新年は特に関係なく年末年始の戦力としては非常に強力なのだが、春節という思いがけない落とし穴があった。
春節と聞いて、そんなことを思い出しました。ちなみに彼らは華僑の横のつながりが強く、募集をかけなくても華僑の留学生つながりで、退職してもいつの間にか欠員は埋まりました。ほとんどの子が日本語が達者で日常会話的な電話応対は出来るという優秀な人達でした。

そういえば、就業時に印鑑を求めるのですが、カッコよかったのが台湾の人の印鑑でした。ずっしりと重みのある印影で、見せてもらった時には惚れ惚れしました。

2017年の春節は、1月28日です。
ちなみに今年のその日は奈良若草山の山焼きとなっています。